DX Column

2021年11月11日

#デプロイ – 知ったかテックワード!君もIT博士

カテゴリー:

タグ:,

デプロイ(Deploy)は、ソフトウェアを本番環境に配備して利用可能にする作業のこと。本来、英語では「配置する」「配備する」といった意味になる。

システム開発では、次のような環境を用意するのが一般的だ。

  • 開発環境(デベロップメント環境)
  • ステージング環境
  • 本番環境(プロダクション環境)

開発環境で、実際の開発作業をおこなったり動作を確認したりする。そして、ステージング環境で動作や表示の最終確認をおこなう。ここで問題がなければ、本番環境に適用される。開発したソフトウェアを本番環境に移して利用可能にする。これがデプロイなんだ。

デプロイの実際のステップは、システム構成やプログラミング言語の種類によって違ってくる。よく似た言葉では、次のようなものがある。

  • ビルド:プログラミングファイルを実行ファイルに変換して、結合・リンクさせる作業。結合したファイルをパッケージと呼ぶ。
  • リリース:サービスや商品を提供すること。ソフトウェアやWebサービスでは、公開したりバージョンアップすることをこう呼ぶ。

サーバーを停止・再起動させずにデプロイできる機能はホットデプロイといわれる。現在のWebサービスは、ネットを経由して24時間どこかで誰かが使っている可能性があるから、デプロイのためにサービスを止めると利用者が困ってしまい満足度が下がってします。だから、ホットデプロイが役に立つんだ。

さらに、ホットデプロイには、次のような方式がある。

  • ブルーグリーンデプロイメント
  • イミュータブルデプロイメント
  • シンボリックデプロイメント
  • ローリングデプロイメント

できるだけWebサービスを停止しないで機能をアップデートしたり、バグを修正するために、このようなテクニックが使われるよ。

関連ページ

おまけのコラム

ウサギ:すごいサービスのアイデアがひらめいてサ。

カエル:ほう。

ウサギ:開発に開発を重ねて、やっとデプロイしたんだヨ。

カエル:おめでとう!で、お客さんは集まっているの?

ウサギ:それが、ぜんぜん来なくって。

カエル:ちゃんとテストして、動作してるんだろ。

ウサギ:もちろんだよ。

カエル:じゃあ、宣伝は?SNSで告知するとか。

ウサギ:そういうことはサッパリわからないんだよねェ

カエル:マーケティングをちゃんとやらないと。

ウサギ:だから、まずはノロシを上げようと思って。

カエル:狼煙って、炎上マーケティングのこと?

ウサギ:いや、煙を炊いて合図を送るやつ。

カエル:そりゃまた原始的な。

ウサギ:大量の風船に手紙を付けて手紙を飛ばしたり。

カエル:うむむ。

ウサギ:あと、一族中のウサギを動員して、草原に地上絵を描いて。

カエル:デジタルマーケティングをなめてないか。

ウサギ:それを人工衛星から撮影して広めてもらう。

カエル:・・・それはちょっとすごいかも。