DX Column

2021年10月12日

#CMS (Contents Management System) – 知ったかテックワード!君もIT博士

カテゴリー:

タグ:,

CMS(Contents Management System:コンテンツ管理システム)は、Webサイトを管理・表示するソフトウェアだよ。ホームページ作成ツールといった方が分かりやすいかもしれないけど、Webページを保管・公開するサーバー機能を備えているのが特徴といえる。

CMSなしでWebページを作ろうとすると、WebデザイナーにHTMLやCSSなどを作成してもらうことになる。新しいページを追加する場合はHTMLファイルを追加して、修正する場合はHTMLを編集する。これだと、HTMLやCSSを知っている人しか作業できないよね。

CMSなら、HTMLの専門知識がなくてもWebページを作成できるようになる。代表的なCMSであるWordPerssの場合、Webサイトにログインして、ページを追加したりテキストを編集すればいいんだ。

CMSの種類

CMSには、次のような種類がある。

  • サーバー設置型CMS:WordPress
  • クラウドサービス型CMS:WixやJimdo

サーバー設置型CMSは、Webサーバーに設置するタイプのCMSだ。自分たちの用途や目的に応じてCMSを選択できる。設置する場合はWebデザイン会社などに依頼する必要がある。

クラウドサービス型CMSは、あらかじめ設置したあるCMSを利用するタイプのCMSだね。

どちらも、次のような機能を備えており、専門知識が少なくてもWebページのメンテナンスができるよ。

  • HTMLを直接編集しなくても作成できるWebページ
  • カテゴリやタグなどのページナビゲーション
  • 画像や動画・音声ファイルなどのメディアライブラリ
  • デザインの適用と切り替えできるテーマ
  • 多様な拡張機能を利用できるプラグイン
  • 管理者・編集者・投稿者といった権限を設定できるアカウント

新たな潮流:ヘッドレスCMS

これまでのCMSは、表示できる場所が限られていた。でも、ネットの広がりに合わせて、自社サイトや複数Webサービス・モバイルアプリといった具合に、同じコンテンツを多くの場所に表示させたいというニーズが出てきた。

そこで、CMSのサーバー側だけ提供して表示する場所の機能を分離した「ヘッドレスCMS」が注目を集めている。コンテンツを表示する場所を柔軟に用意できるので、ひとつのサーバーから複数の場所にコンテンツを配信することが簡単になるんだ。

おまけのコント

ウサギ:CMSって、CMソングの略だよね。

カエル:まあ、間違ってはいない。

ウサギ:いいよなカエルは。CMソングがあって。

カエル:そうだっけ。

ウサギ:「カエルの合唱」とか「おたまじゃくしはカエルの子」とか、知ってる人がいっぱいいるだろ。

カエル:ウサギも、月を見ながら跳ねる歌があるじゃない。

ウサギ:あれは、十五夜のイメージソング。

カエル:クリスマスソングみたいな?

ウサギ:そうそう。

カエル:ウサギとカメが競争する歌は?

ウサギ:あれはカメの応援歌。

カエル:いっそ、自分で作ればいいんじゃないの。

ウサギ:なるほど。それいいネ!

やったー、ウサギのCMソングだ。

思わず踊りたくなる。

ソソラ ソラ ソラ うさぎのダンス!

タラッタ ラッタ ラッタ

ラッタ ラッタ ラッタラ

カエル:それ!その歌!