DX Column

2021年10月14日

#業務システム – 知ったかテックワード!君もIT博士

カテゴリー:

タグ:,

業務システムとは、企業で業務を実行したり情報を管理したりするシステムのことだ。

次のように大きく3つの分類に分類できる。

  • 基幹系システム
  • 情報系システム
  • 特定業務システム

基幹系システム

基幹系システムは、企業における基幹業務を管理する情報システム。基幹業務とは、企業活動の中枢を担う業務のこと。企業のビジネスによって中枢となる業務は異なるため、基幹業務システムの内容は企業ごとに異なる。「基幹業務システム」「基幹システム」と呼ぶこともある。

代表的な基幹系システムに次のものがある。

  • 販売管理システム:販売実績や売掛金などを管理する
  • 生産管理システム:製造業などにおける生産計画や生産指示・工程管理などを担う。
  • 在庫管理システム:在庫情報や入出庫データを管理する

場合によっては基幹系システムに、会計システムや人事給与システムを含む場合がある。

販売管理システムや生産管理システムは、会計システムと連携することで大きな効果を発揮する。例えば、生産管理システムと会計システムが連携すると、材料や部品の仕入れ・組み立て・在庫などに合わせて、企業のお金の動きを追跡できるようになる。

情報系システム

情報系システムは、社員のコミュニケーションや事務処理の効率化などに役立つシステムのこと。

次のようなシステムがある。

  • グループウェア
  • メール
  • スケジューラー・カレンダー
  • ワークフロー
  • ファイルサーバー

それぞれ別のアプリやソフトウェアもあったりするけど、1つにまとめたり、同じシリーズを使うほうが分かりやすいし、運用も楽になるよね。

特定業務システム

次のように特定の業務や部門のための業務システムもあるよ。

  • 営業支援システム(SFA):Sales Force Automationの略称。営業に関わる活動や進捗状況を管理できるシステム。例えば、商談の進捗状況や売上予測などが把握できる
  • 顧客管理システム(CRM):Customer Relationship Managementの略称。 顧客とのコミュニケーションを図るために、属性や指名などのデータを管理する。見込み顧客やニーズの把握にも役立つ。
  • コンテンツ管理システム(CMS) :Content Management Systemの略称。専門知識がない人でも、コンテンツを作成・編集・アップロードできるシステム。主にWebサイトの構築やドキュメント管理に利用される。> CMS

業務システムは、企業規模や業種によっても分類できる。中小企業向けの販売管理ソフトは、パソコン上でも利用できる。大企業向けの販売管理システムは、サーバールームやデータセンターにハードウェアを設置したり、バックアップ体制を構築したりが必要になる。そのため、導入するだけでシステムインテグレータに依頼して数か月かかる場合がある。

最近は、業務システムを自前で持つオンプレミスではなく、クラウドサービスを利用する場合も増えているね。

おまけのコント

カエル:やっぱり仕事には、パソコンが欠かせないよね。

ウサギ:メールやスケジュール管理にも使うし。

カエル:勤怠管理や経費精算もパソコンがないと困っちゃう。

ウサギ:リモートワークも、パソコンじゃないと面倒だよね。

カエル:それに比べて業務用のシステムは、まだまだ使いにくいし面倒な手順も多いなぁ。

ウサギ:Excelで入力して、PDFに変換して、メールで送るとか。

カエル:業務システムがいくつもあって同じデータを再入力するとか。

ウサギ:業務システムを使って困ったことがあったら、ぜひウサギを呼んで!

カエル:ほう、何してくれるの?

ウサギ:ふわふわのモフモフで、イライラした気持ちをいやすよぉ。なごますよぉ。

カエル:まあ、悪くないけど。システムの使い勝手は改善しねーな。

ウサギ:ところで、システムを「系」と呼ぶのなら、「基幹系システム」は「基幹システム・システム」なのでは?